中華アクションカムVicture AC800をおすすめしない訳!APEMAN A80と比較

アクションカム

2018/03/31に1万以内で買える安いアクションカメラを調査した結果Victure AC800の性能があまりよろしくないことが分かったので共有します!
比較の対抗馬として、同じ価格帯、Amazonランキング7位と8位だったAPEMAN A80の性能と比較してみようと思います!

現時点のAmazon価格

  • APEMAN A80:Amazon 7位
    8480円
  • Victure AC800:Amazon 8位
    7880円

600円の差があることを覚えておいて欲しい。

APEMAN A80

APEMANはAmazonでポータブルDVDプレーヤーやプロジェクター、アクションカメラ、ドライブレコーダーを主に扱っているメーカーです。映像系に強そうな印象を受けます!

APEMAN=猿人 とはなかなかおもしろい名前(笑

Apeman JPという正規代理店が店舗となっている。

公式HPはこちら
※公式があることは好感持てますね!

中華アクションカムで公式HPを持っているところが少ない中、公式HPが存在するのは非常に安心できる要素です。

A80の他にも

  • A77
  • A70
  • A66

A80より安価だけど性能が劣るものも扱っている。

気になる方は調べてみるといいかもしれない。

今回A80を選んだ理由は以下です、

  1. 今ある1万円以内で購入できる格安なアクションカム
  2. Victure AC800と価格差があまりない
  3. 同価格帯の中でも性能がトップレベルのものということ

という理由から選んでいます。

Victure AC800

VictureもAmazonでアクションカムとアクセサリー、防犯カメラを販売してるメーカー。

HPの存在を確認したけど、見つかりませんでした。
※私的にマイナスポイントですね〜

そしてもう一つ。。値付けがね。。。

¥ 19,660 7880円(60%OFF)

・・・。

ちょっと乱暴過ぎやしませんかwww

 

AmazonイギリスとAmazonアメリカを覗きに行ったけどアメリカではまだAC800は売られていませんでした!

イギリスでは

£99.99£69.99(30%OFF)

日本とイギリスの割引率違いすぎるんですけど!!

ツッコミどころがありますが、こういう事されると販売店の誠意が感じられないですよね。

さて、性能についてはどうなっているのでしょうか!

それでは比較と参りましょう!

【比較】Victure AC800 vs APEMAN A80

VictureAPEMAN
モデル/型番AC800A80
モニターサイズ2インチ2インチ
タッチパネル
 SoC 不明NTK96660
イメージセンサー
cmos
Sony IMX078Sony IMX078
Wi-Fi
マイク
ハウジング防水性能30m30m
リモコン付き
手ブレ補正電子補正電子補正
タイムラプス
広角レンズ170°170°
静止画解像度2000万画素2000万画素
動画解像度
/フレームレート
4k60fps
30fps
25fps
24fps
2.7k120fps
60fps
24fps
30fps
2k30fps
1440p(フルHD)60fps
30fps
24fps
1080p(HD)240fps
120fps
60fps
30fps
24fps
720p240fps
120fps
90fps
60fps
30fps
動画ファイル形式MP4
MOV
HDMI出力
バッテリー容量1050mAhx21050mAhx2
専用ケース

この表を見てもらうとわかるようにそこまで大した差は無いように感じるだろうか。

しかし、ここに注目してもらいたいのです。

SoC/CMOSで評価する

私が最も比較する際に評価する所がSoCとイメージセンサーになります。

中華アクションカムで使われているものは安価チップセットが多いです。

映像処理のキモとなるSoCがA800では不明なので不安材料ではあります。

同じソニー製のCMOSを搭載しています。

  • IMX078
    およそ12Mの有効画素数
CCD/CMOSイメージセンサーとは?
スマートフォンやデジカメに搭載されているイメージセンサースペック表に記載されているのを目にしたことがあるのではないでしょうか。改めて、なんだっけ?と思ったので概要を簡単にまとめました!イメージセンサーレンズを通して入った光を...
IMX078で4K動画をとることは不可能です。安価な中華アクションカムではありがちですが、擬似的に4K動画としているため画質は期待しない方がいいです。

手ブレ補正

このクラスの手ブレ補正では6軸ジャイロスコープでない限りあまり期待してはいけません。あったらいいな無いよりはマシ程度と考えたほうがいいでしょう!

両機種とも電子手ブレ補正となっているのでスペック的には同等です。差が出るとするとSoCの処理速度によって動画の粗さが出るかですが、見る限りそこまで差はないといえるますね。

動画ファイル形式の違い

MOVとMP4の違いですが、若干圧縮率が高いのがMP4!

そして、Windowsでも扱いやすいのもMP4とされています。

付属品の違い

  • 専用ケース付き
  • リモコン付き

付属品でもこの2つがA80の場合ついてきます。

画像の比較

Victure AC800

APEMAN A80

  • 手ぶれ補正
    両方とも電子補正ということでそこまで差は感じられない
  • 画質
    見た目的にはさほど違いが感じられないかもしれない。若干A80有利か

結果的に肉眼ではあまり差がないのかもしれない。

まとめ

  • 販売店がはっきりしないこと
  • SoCが不明
  • 動画フォーマットの違い
  • 付属品のあるなし

これが600円の差です!

同じ価格帯の中華アクションカメラでもこの差は大きくありませんか?

ネット上にある情報をみてみても、間違った情報が載っているところが数多くあります。

カメラは特にSoC×CMOSの性能が肝心となるので同じ価格帯でも惑わされないように少しでも得するものを選びましょう!

現状(本日調べ)では8000円前後のアクションカムとしてA80が一番コストパフォーマンスがいいと言えるでしょう。

 

コメント