激安中華アクションカム「MUSON MC2 MU」のGoPro比較レビュー!

アクションカム

Amaznで人気の中華アクションカメラですが、実際の性能について気になるところ

1万円以下でコスパが最高にいいカメラですが、実際のところどうなのか。

GoPro 6とスペック比較し性能について詳しく見ていきたいと思います。

MUSONってどこの会社?

調べてみましたが公式HPが見つからない・・・

この会社の販売しているものをみるとOEM製品が多いみたい!

韓国語らしいので。韓国の会社なのかな?
※見つけ次第追記します

スペック

MC2はEKEN H9RのOEMのようです。なので中身はH9Rと一緒の製品ということ。

GoPro 6との比較

GoProMUSON
モデル/型番HERO 6MC2
モニターサイズ2インチ2インチ
タッチパネル
イメージセンサー1/2.3 inchcmos
Wi-Fi
マイク
ハウジング防水性能60m(別売り)30m
手ブレ補正電子補正電子補正
タイムラプス
広角レンズ≒150°170°
静止画解像度1200万画素1200万画素
動画解像度
/フレームレート
4k60fps
30fps
25fps
24fps
2.7k120fps
60fps
24fps
30fps
2k30fps
1440p(フルHD)60fps
30fps
24fps
1080p(HD)240fps
120fps
60fps
30fps
24fps
720p120fps
60fps
30fps
動画ファイル形式MP4
MOV

やはり高価なだけあってGoProの方が対応しているフレームレートが高いし多いです!

MUSON評価

出典:Amazon

MUSONの方のイメージセンサーが何を使っているのか表記されていないので評価できませんでした。因みにGoProはソニー製が使われているようです。値段の高めなアクションカムには日本製のセンサーがよく使われる傾向があるんですよ。やっぱりそういう日本の技術素晴らしい(^o^)

イメージセンサーCMOSについてはこちらで解説しています。

CCD/CMOSイメージセンサーとは?
スマートフォンやデジカメに搭載されているイメージセンサースペック表に記載されているのを目にしたことがあるのではないでしょうか。改めて、なんだっけ?と思ったので概要を簡単にまとめました!イメージセンサーレンズを通して入った光を...

 

実体験から考察するに、4k撮影では24fpsのみ対応なので動きの激しいものの撮影には不向きです!スノボやテニスなどコマ落ちするのでカクカクの動画になるはずです。ゆったりとしたダイビングなどには丁度いいかもしれませんね。

ハウジングも30m防水なので4kできれいに取れるしダイバーにはもってこいじゃないでしょうか!

GoProやソニーのアクションカムは高価なので水没考えると私なんかはビビりますw

スポーツ撮影では最低でも60fpsは欲しいところなので、1080p(HD)で撮影しましょう。

60fpsあれば大抵の動きにはついていきます!

動画編集でスローを使うときにも60fps以上は欲しいですし。

広角については170°となっており、割りと幅広い視野が望めるのではないでしょうか。

Wifiにも対応してスマホからの操作もOK!リモコンも付属するのでかなりお得感はあります。

参考動画

ホワイトバランスがちょっと強めなのか全体的に青が強い印象ですね。

手ブレ補正も効いているのでブレも緩和されているように見えます。この価格帯であれば十分!

ちなみに現状手ブレ補正最強なのが空間光学補正を採用してるSonyのアクションカム【HDR-AS300/AS300R】

総評

4kで撮影するケースは絞られそうですが、画質を落として60fpsで撮影すればあらゆる場面で役にたちそうな機種となっていました。

ハウジングやケース、マウント部品が多く付いているのでどんなステージでも活躍できるはずです!

8000円前後で買えるアクションカムでは中々いいコストパフォーマンスと言えるでしょう。

こんな人におすすめ!

  • 初めてアクションカムを買う人
  • 青強めでも気にならない人
  • GoProほしいけど高いと感じている人

因みに、H9RのOEM品なので値段が安ければH9Rを購入するほうがお得だと思います!

コメント