Ankerが評価される理由には秘密がある!おすすめされる理由教えます

Anker

スマホやPCガジェットでよく目にするAnker製品

なぜそれだけの支持を集めているのかご存知でしょうか?

私自身もAnker製品を多数所持して使っていますが、いい製品ですよね!

人気の理由についてまとめていきます。

Ankerってどんな会社?

上級ソフトウェアエンジニアとしてGoogleで勤務していたスティーブン・ヤンは高品質で手頃な価格のノートパソコンの交換用バッテリーを市場に提供するために、2011年にAnkerを創業した。当時スティーブン・ヤンはカリフォルニア州に居住していたが、その後信頼の置ける製造パートナーを見つけるために中国の深セン市に移住。2012年の初めに当時のGoogleの中国販売責任者だったDongping Zhaoが加わり、サプライチェーンの構築に一役買った

携帯充電デバイスの必要性を認識したことで、Ankerはモバイルバッテリーと急速充電器に焦点を移し、手の届きやすい価格で、優れた機能性・品質・サポートを備えたスマートフォン関連製品を次々に発表、現在では同社の売上の大半を占めている。

出典:wikipedia

注目

  • 創設者がエンジニア
  • Googleから優秀な人材が複数加わっている

携帯デバイス(スマホ)が流行りだしたのも2011年頃だったかと記憶していますが、

そこに目をつけ、Googleでも確固たる地位を気づいていたメンバーが独立しているのです。

自分たちならもっと高品質なものが自由にできるのではないか、ということでGoogleでの知見を活かし

製品開発を行っていったそうです。

爆発的ヒット

2012年おなじみである携帯充電器が爆発的ヒットとなる。

一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

Ankerの携帯充電器。

これがヒットした理由としては独自の急速充電テクノロジー「PowerIQ」にあると思われます。

数ある携帯充電器ですが、多くのものが急速充電をうたっていても正確に充電できているのか怪しいところのようです。安物でスマホを痛めてしまう場合もあるので要注意なのです!

その点「PowerIQ」では実測値の公表やブランド力での信頼性から支持されるひとつの要因となっているのではないでしょうか。

 

保証が充実

30日間の返品返金保証

初期不良(傷があった、箱が潰れてた等)や間違って購入したりイメージと合わなかった場合などに30日以内であれば返品返金ができるということ。
※初期不良でない場合は購入者が送料負担

18ヶ月製品長期保証

初期の30日の保証期間が過ぎても買った商品が故障してしまった場合など交換or返金の対応をしてくれます。

 

対応方法

ネットショッピングでもAnkerカスタマーサポートに連絡すると対応してくれます。
Amazonでも楽天でもヤフーでも購入しても対応してくれる。

これはホントに安心です!

詳しくはこちら(公式)を確認してみてください。

押さえておきたい!

  • 30日以内であれば購入者判断でも返品が可能なこと
  • 18ヶ月の長期保証と期間が長いこと
  • ネットショッピングでも対応してくれること

※※※※※要注意※※※※※

保証対応は、販売者がAnkerDirectもしくは弊社製品正規取扱店の場合に限ります!!
個人売買やAmazonを利用した転売屋などから購入した場合保証が受けれないので販売者をしっかり見極めることを忘れないでください。大抵の販売元は正規取扱店ですが、たまに見かけます。
※※※※※※※※※※※※※

今では

様々な製品が出ています。

  • モバイルライフである「Anker
  • 生活にゆとりをもたらす「Eufy
  • スマートオーディオブランド「ZOLO

と多くのブランドを立ち上げガジェット界に君臨していますね!

低コスト、高品質の製品からガジェットのユニクロ的なポジションを築いているのではないでしょうか。

私がAnker製品を支持する理由

チェック

  • 低コスト高品質
  • 安心の保証対応
  • 信頼性のあるブランド力
  • ユーザビリティのよさ
  • Google出身というだけで信頼できる
    ↑ちょっとミーハーだけど(笑

多くの類似品のあるガジェットを選ぶときの一つの要素としています。

ただのUSBケーブルにしても電圧の比較検証などもしているAnker記事を見たことあるのでノーブランドを買うよりAnkerを選びます。

以前、ノーブランド品に粗雑なものが多いことを警鐘していたこともあったり。

なので金額的にさほど差がない時にできれば信頼できるものを選びたいですよね!

という理由からAnker製品を購入しているということです。

コメント